注文住宅を建てて快適な暮らしを~良い家でイエーイ~

制限が少ない

オシャレな家

兵庫で建売住宅をする際に知っておきたいのが、設計と施行です。兵庫で建売住宅を建てる場合、施工会社に設計や施行を依頼する必要があります。ハウスメーカーに依頼する場合は、設計や施行を全てまとめて行ってくれます。この方法だと、1つの会社と契約するだけなので、とても楽に思えますが、実は設計と施行を分離することによって得られる利点も様々あるのです。それを理解しておくと、良い家づくりをすることができます。ハウスメーカーや工務店に一括発注することで得られる利点は、交渉や家づくりにかける時間が短くて住むことです。ですから、あまり時間の余裕が無い、交渉が苦手という人にはメリットが大きいです。時間をかけずに済むというのは便利なことなのですが、それは業者に全て任せていることになります。つまり、自分では家づくりのことが把握できていない状態になるのです。また、一括発注と言っても、ハウスメーカーの場合は、設計だけを自社で行い、施行は下請け業者に依頼していることがほとんどです。そのため、それぞれに中間マージンが発生していることになるのです。

兵庫で自由度が家造りをしたいなら、設計と施行が分離している分離発注の方が良いです。その理由は、分離発注なら、ライフスタイルに合わせて家づくりのプランを立ててもらうことができますし、家造りの制限が少ないからです。一括発注のハウスメーカーの場合は、使える建材や設備はある程度決まっています。それに対して分離発注は、木材の種類だけではなく、色合いまでを全て自由に選択することができます。とことんこだわることができるのです。また、出来上がった設計図から部材を拾って、家づくりにかかる材料費を明確に出してもらうことができるのです。不明瞭な部分がないので、安心して家づくりを進めることができるのです。手抜きやミスが無くなるというのも、1つの利点です。設計者と施工業者が分離していると、第3者の目線でチェックされることになるので、工事での手抜きやミスも非常に少なくなります。安全性が高い家にするなら、とても有効的なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加